« ビジュアル界はタテ社会 | Main | ガゼットライブDVD 武道館 »

B級オペラ


友達がオケピで出演してるので、オペラを見に行ってきました。
演目は「カバレリア・ルスティカーナ」「道化師」

カバレリア・ルスティカーナのほうは間奏曲がとても有名で
クラシックのコンサートのアンコールにしょっちゅう使われます。定番といってもいい。
ただオペラのほうはとてもマイナーで。
それがなぜかって、全幕見て納得。


ずっこけるくらい内容が無い!


いやマジで 「はぁ?」 って内容だったわ・・・
オケは繊細で綺麗な音楽なんですよ、終始。切ない系の。
なのにストーリー展開ひどすぎ、歌の内容もひどくて・・・(笑)

いや、オペラってそういうもんやし、時代背景から色恋しかテーマに出来なかったのはわかるんす。
でも他のやっておんなじやし・・・
とにかく笑うくらいひどくて、逆におもしろいっていう。

当時でもB級の部類だったんだろうけど、楽曲のよさで今まで生き延びてる感じ。
オケの盛り上がりが切ないくらい歌の内容が・・・(笑)


道化師は、こちらも内容は無いんだけど
劇中劇があったりとチョコチョコした演出があったので楽しめたかな。
オケは難しそうやったな。


なんか楽器弾きたくなった。
ぷっちーにやりたい。

« ビジュアル界はタテ社会 | Main | ガゼットライブDVD 武道館 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« ビジュアル界はタテ社会 | Main | ガゼットライブDVD 武道館 »